もっとドモシカを知る

about DOMOCICA

NEW!! ドモシカハウスをサクッと知る!

2020.12.01

ドモシカハウス標準装備「トリプルガラス樹脂サッシ」がスゴい!

”過ごしやすい室温”は、住宅での
快適な生活の必須条件
です。

しかし、一般的な住宅の夏冬は
エアコンを使わない限り、快適な
室温を保つことが難しいと言えます。

室温が快適にならないのは、
「室内の熱が屋外に逃げている」
という事が大きな理由のひとつ。


ドモシカハウス全窓標準装備の
「トリプルガラス樹脂サッシ」は、
冬の寒さや夏の暑さを寄せ付けず、
室内の快適性を守ります。


(関連記事):断熱性能の違いは
窓にあり!”世界基準の窓”と
”日本の窓”の違い




【ドモシカハウス標準装備!
TOSTEM高性能気密樹脂サッシ
「エルスターX」】


室内の熱が逃げやすい住宅では、
エアコン等でせっかく温めた空気、
または冷やした空気が逃げてしまうため、
光熱費を圧迫してしまいます。

住宅内で最も熱を逃してしまう
箇所
、それは”窓”の部分です。
冬は熱の58%屋外へと逃してしまい
夏は
71%もの熱を屋外から取り込んで
しまう
”窓”。

そして室内の熱を逃さないためには、
最も熱が逃げやすい”窓”
高性能であることが必須

ドモシカハウス標準装備の
トリプルガラス・オール樹脂サッシ
「エルスターX」はダブルLow-e&
高性能ガスにより”高断熱の窓”
実現します。

(関連記事):高断熱高気密住宅に
欠かせない!「トリプルガラス」の
メリットとデメリットとは?




【窓ガラスとガラスの中間層が
高い断熱性を発揮】


高性能樹脂サッシ「エルスターX」は、
室内側・室外側両方の窓に
Low-eガラスを採用し、ガラスの
中間層にはクリプトンガス・アルゴンガス
を封入しています。

室内の熱を逃さないよう設計された
構造により高い断熱効果を発揮。


室内が外気温の影響を受けない
ため、アレルギー症状などで健康を
害す恐れのある窓の結露やカビの
発生を抑制
します。


(関連記事):住宅の”窓ガラス”は
複層から「トリプル」の時代へ!
新築で選びたい”Low-eトリプルガラス”


(関連記事):高い断熱性を持つ窓!
”Low-e複層ガラス”に使われる
「クリプトンガス・アルゴンガス」とは?


【熱貫流率(U値)0.79[W/㎡・K]の衝撃】

窓にどれだけの熱の出入りが
あるのかについては、”熱貫流率(U値)”
で測ることか可能です。


数値が低ければ低いほど熱を
通さないことを示す熱貫流率ですが、
日本で最も普及するアルミサッシの場合、
その熱貫流率は200[W/㎡・K]

これにに比べ、クリプトンガスを封入
したドモシカ標準「エルスターX」の
熱貫流率はなんと0.79[W/㎡・K]

熱を通す量は、アルミサッシと比較
する約と1/200。
今までの窓の常識を
覆すほどの断熱性能を誇ります。

(関連記事):断熱性を測る基準!
窓や建材などの熱貫流率を表す「U値」を解説


(関連記事):”窓断熱シート”や
”アルミ素材”は不十分!冬暖かい
室内の窓の断熱は「樹脂窓」が基本




【高性能窓で暖かいドモシカハウス】

ドモシカハウスが採用する
トリプルガラス樹脂サッシは、
薄板ガラスで軽量、扱いやすく
高い断熱性能を誇るサッシです。


熱を屋外に逃がさず、夏の暑さや
冬の寒さから住宅を守る
高性能窓は、暖かく健康で
今までに体験したしたことの
ないほどの快適な暮らしの実現を
支えます。