もっとドモシカを知る

about DOMOCICA

家づくりコラム

2020.10.18

”C値”で確認!住宅の「気密性」はどれくらいが適切?

近年、重要性が認知され始めた
住宅の
断熱性気密性


性能の高い住宅を求めるので
あれば、断熱性と同時に住宅の
「気密性」についても求める
必要があります。

断熱性と気密性は必ず2つで”セット”
として考え、これらの基準が高ければ
それだけ省エネ性の高い住宅と
言うことができます。


しかし、断熱性には国や組織が定めた
基準があり、断熱の程度を設計値
で確認することが出来ますが、
「気密性」は諸事情により
2012年の改正省エネ基準以降から
削除され、明確な基準が
無いのが現状。

明確な基準が無い「気密性」は、
安易に”高気密”を謳うハウスメーカーに
施工を依頼した結果、
気密測定もされることなく、思うような
結果を得られないという可能性も
あります。


高性能な新築住宅を建てる際、
「気密性」はどれくらいの
値を求めるのが適切なのでしょうか。

(関連記事):住宅内の”十分な換気”
に住宅の「気密性」が大切な理由とは





【住宅の「気密性」とは?】

住宅における「気密性」とは、
住宅に隙間が少なく、住宅をより
密閉した状態にする住宅性能
です。


従来の住宅は隙間が多い、まさに
”スカスカ”の状態。

自然な空気の出入り
はありますが、住宅内の熱を逃し、
また遮音性にも乏しく、屋外の
有害物質を簡単に室内に通して
しまいます。

また「気密性」は”そこそこ”、または
”ある程度”あれば良いというものではなく、
住宅をしっかり気密することで
住宅内の熱を逃さず、冷暖房効率や
光熱費削減を可能にします。


【住宅の気密性を示す「C値」】

住宅の断熱性能はUa値・Q値そして
住宅の気密性能は

「C値(隙間相当面積)」

で表されます。

Ua値とQ値は設計値であり、
住宅建築前に住宅の外皮面積や
床面積を基準に算出されます。


反対に、C値は実測値となっており、
住宅が完成してから特殊な機器で
気密測定を実施し、その値を割り出します。


(関連記事):省エネ住宅の性能を示す!
C値について分かりやすく解説 





【参考にしたいC値の目安】

気密性を表す”C値”ですが、
実際にどれくらいの数値が、どれくらいの
隙間を表すかについて解説します。

以下は、C値と隙間の大きさ、
そしてその目安を表しています。

[C値 5.0(cm2/m2)]

2012年省エネ基準以前の寒冷地
を除く気密設定値。5.0は、住宅に
はがき約3枚分の穴が空いているのと
同じ状態。


住宅の熱が逃げてしまうため、
冷暖房効率が悪くなります。
また外気が住宅内に侵入し、
換気を効率よく行うことができません。

しかし、現在建っている日本の家のほとんどが、このレベル
または、このレベル以下です。


[C値 2.0以上4.9以下(cm2/m2)]

壁にはがき1~2枚分以上の穴が空いているのと
同じ状態。
隙間が少ない感じがしますが、
住宅の気密性として、快適性を求める
にはまだ低レベル。

[C値 1.0(cm2/m2)]
隙間サイズ 約75㎡

はがきの半分ほどのサイズに相当。
住宅の省エネ性や遮音性の高い
住宅。


[C値 0.5(cm2/m2)以下]
隙間サイズ 約50㎡以下

十分な気密性を持ち、住宅内の
温度や湿度をコントロールできる
レベル。冷暖房で冷やした、または
温めた空気が室内にとどまります。


海外先進国の高性能住宅と
同レベルの性能。




【「気密性」は結局どれくらいが適切?】

住宅の「気密性」は、ある一定の数値を
達成すると省エネが可能になり、また高い遮音性、
室温・湿度のコントロールが可能になります。


そして、特に「気密性」で考慮したいのが、
感染症の関係で重要性が増している
”換気”についてです。

現行の建築基準法では、1時間に
半分の空気が入れ替わることが
換気の条件として定められています。

しかし、隙間が多い住宅では
空気の流れを計画通りに作ることができず、
換気方式にかかわらず
給気・排気効率が悪くなってしまいます。


反対に、風の強い地域では漏気により
室内の空気が勝手に入れ替わり、
室内の熱は同時に失われてしまいます。


現在、省エネ住宅の建築で
各工務店やハウスメーカーが基準
としているのはC値は0.5(cm2/m2)以下。

数値が低ければ低いほど高性能と言える
「気密性」。

この数値を基準とすれば、住宅性能の
あらゆる面で、これまでの住宅を超える
居住快適性を確保できます。




【新築住宅に適切な「気密性」を求めよう】

環境保全や、安全な生活のために
近年ますます求められる住宅性能。

家族との快適で安全な生活を送るためにも、
”断熱性”と「気密性」はセットで考え、
より高い性能を求めるべきと言えます。


C値で表される住宅の「気密性」ですが、
国が明確な基準を定めていない
という現実があります。


快適な暮らしに求められる気密性の
目安は0.5以下。

(計画的な換気を実現するためには必要な性能です)

現場の技術力や知識に左右される
気密性は、建てた後に手直しすることが
できないため、失敗や後悔のないように
施主側も学び、知る必要がある項目です。


新築住宅に適切な「気密性」を求めましょう。