もっとドモシカを知る

about DOMOCICA

家づくりコラム

2020.10.07

新築で重視すべき「温熱環境」。全ての住宅メーカーが建築できる訳ではない”本当に温かい家”

近年になり、ますます重視される
ようになってきた住宅の”断熱性能”。

その背景には、地球温暖化問題
の原因となる温室効果ガス排出があります。

この問題と深い関わりのある住宅では、
一次エネルギー消費量(石油・ガス)
を減らすことを目的とし、より断熱性能の
高い省エネ住宅の建築が、国をあげて
行われています。

環境保全に貢献し、住人の健康や
コスト削減、そして温かさと快適性をもたらす
高い断熱性を誇る省エネ住宅ですが、
”断熱性さえ高ければ良い”
というものではなく、
”高い気密性能”もセットでなければ
その真価を発揮しません。


専門知識と緻密な施工を必要とする断熱・気密。
「本当に温かい」住宅は、
”どのハウスメーカーに依頼しても建てられる”
という類のものではないのです。

(関連記事):”偽物”もある!?本物の
「高断熱高気密住宅」を選ぶポイントとは




【新築住宅に求めるべきは”温かさ”】

高い断熱性、そして高い気密性によって
従来の住宅とは違うレベルで
生活を豊かにする「省エネ住宅」

住宅内が温かいということは、
住宅内の熱が逃げないということであり、
これが住人の健康光熱費の削減
耐久性将来の資産価値を高める
要素になります。


前述のように、住宅の熱が逃げない
高断熱高気密を実現するには、
断熱・気密に関する知識と、それを
住宅に反映するための技術力が必須。


住宅のプロフェッショナルと言えど、
このような施工ができるメーカーと
そうでないメーカーに分かれてしまうのが
現状です。

【”ある程度温かい”では根本解決に
ならない】


今の住まいでも温かいと感じる
という家庭もあるでしょう。

着実に進化し続ける住宅ですから、
”ある程度”温かいという家も
無いわけではありません。

しかしながら、高い断熱性と気密性が
伴わない住宅は、”ある程度”温かく
過ごせても、真冬や真夏には室内に
温度差を体感するはず。


この温度差が、光熱費のさらなる負担や
結露やカビ・ダニ、住宅の老朽化、
そして住人の健康を害する
要因になっています。




【温かい家を建てるために知っておきたい
「外皮性能」】


新築住宅を建てる人にとって
「外皮性能」とは比較的
新しい言葉なのではないでしょうか。

”外皮”とは、住宅の壁や床、窓、
屋根など、住宅の内と外を分ける
境界線の事を指しています。


そして「外皮性能」とは、この境界線の
断熱性能を表しています。


この外皮性能は計算の上、
数値で確認することが可能であり、
外皮平均熱貫流率(Ua値)
熱損失係数(Q値)
確認することができます。

【温かい家に必要不可欠な「気密性能」】

本当の温かい家を手に入れるには、
「気密性能」が必要不可欠。
「気密性能」とは、住宅の密閉度を
表しています。


例えば、気密性の低い一般住宅では、
季節に関わらず外の空気が室内に
侵入します。


これによって室内の熱は損なわれ、
花粉やPM2.5といった有害物質を
室内に取り入れることになってしまいます。

これは専用機器を使用した実測値
として知ることができ、
相当隙間面積(C値)で表されます。

(関連記事):省エネ住宅の性能を示す!
C値について分かりやすく解説




【全てのプロが施工できる訳じゃない?
本当の「省エネ住宅」】


日本の住宅建築が、世界から遅れを
とっているということはご存知でしょうか。

技術が進歩していく中で、
世界の先進国や、隣国の中国や
韓国からも遅れをとっているのは、
性能だけでなく”住宅に対する考え方”
です。


それだけ、これまでの日本では
”省エネ性”や”温かい家”への意識が
低かった
ということが言えます。

しかも、日本の住宅業界にとって
比較的新しい「省エネ住宅」は、
実際に住宅のプロであったとしても
現場の事情や技術力不足によって
施工できる所、施工できない所が
分かれるのが現状です。


場合によっては、上手な話術で
中途半端な性能しか持たない
省エネ住宅を掴まされたり、
温かい住宅に必須の
相当隙間面積(C値)測定をしない
というケースも。

本当に温かく、家族の健康面や
経済面、幸せを守る「省エネ住宅」は、

・施主側も省エネ住宅について知ること
・建築できるところを探すこと


が第一に考えるべき項目でしょう。

(関連記事):ヨーロッパの住宅に学ぶ!
だから日本の住宅基準は「低性能」




【もう一度、「温かい家」について考えよう】

高い断熱性と気密性が必要な
要素となる「省エネ住宅」は
夏涼しく、冬は温かい生活を実現
できる住宅です。


しかし、住宅について世界から遅れをとる
日本では、しっかり施工できる建築会社と、
省エネ住宅に対する知識や技術が乏しく、
上手く施工できない建築会社があるのが
現状。

これから建てる新築住宅が、
本当に温かい家かどうかを知るには、
実際の各数値を確認することが大切です。

長年にわたって家族を守る省エネ住宅。
もう一度、「温かい家」について考えて
みませんか?