ドモシカブログ

DOMOCICA Blog

ドモシカ社長ブログ

2020.02.18

トリプルサッシでも結露する?? 高性能であるが故の〇〇〇〇が原因でした!!

Domocica ヒガサです。

いつもご覧いただきあでとうございます。

さて、今日は衝撃の告白をさせていただきます。

なんと当家のトリプルサッシに結露が発生しました。
窓枠とガラスの室内側接合部分(写真参照)
に、ほんの少しで分かりにくいかもしれませんが、
結露が発生してしまいました。

常々、ドモシカハウスは結露しません。

と申し上げてきましたので、本稿に掲載させて
いただいた上で、謝罪させていただきたいと思
います。
申し訳ありません。

結露は物理現象ですので、露点に達すれば必ず
結露し、達しなければ結露しない。
非常に単純明快な現象です。

Wikipediaでは、
結露(けつろ)とは、固体状態における物質の表面、
または内部で、空気中の水蒸気が凝縮する現象のこと
である。
例:温度20℃・湿度50%の室内における露点温度は、
9.6℃であり、壁や窓などの表面が、9.6℃以下の場
所で結露が発生する。
ja.wikipedia.org › wiki › 結露

ということは、湿度と温度の関係によって、結露する
かどうかが決まるという意味です。

当家の結露したときのデータをご報告します。朝8時。

室温22.8℃ 湿度47.5%
この室内条件で窓が結露する温度を計算してみました。

なんと11℃です。
(この温度を露点温度と言います)
以外に高い温度ですね。
室温22.8℃、湿度が47.5%という条件は、冬の
高松の家ならごくごく当たり前の室温と湿度であります。
こんな普通の条件で、窓の
表面温度が11℃になると結露するということです。

(ここでびっくりされた方はどれくらいいらっしゃる
でしょう。これだと、高松に建っている家で結露しない
家はほとんど存在していないはずです)

そこで、当家の窓の温度をサーモカメラで測ってみました。
(当家の北側寝室の窓の写真です)



右の窓と左の窓とは同じ方位ほとんど同じ場所に
設置している窓なのに全く温度が違うのが一目で
わかります。

右の窓は下部が12.8℃程度しかありませんが、
左の窓は下部が余裕で22.0℃位あることがわかります。

ちなみにこの日はかなり寒い朝で、最低気温は
  0.6℃ でした。
 気象庁データ)

どうして右の窓と左の窓では、こんなにも温度差がある
のでしょうか?
理由は下記の写真です。

窓に黒いものがついています。これは断熱プラインドです。
右の窓には、高性能な ハニカム断熱ブラインド が、
左の窓には何もついていません。
このため、右の窓と左の窓とは温度が全然違っていたのです。

この断熱ブラインド性能が極めて高いので、部屋全体の
室温の保持にはとても貢献するのですが、高性能である
がゆえに、ブラインドと窓の間の空気があまり室温の影響
を受けず、

室温→プラインドと窓の間の温度→外気

という3つの空間を作ってしまったということです。
当然、冬ですので、順番に冷たくなっていくのですが、

左の窓は、ブラインドがないため、室内の温度の影響
を受け、右の窓は断熱ブラインドによって室温の影響を
あまり受けることができなかった。
ということです。

今回の結論を申し上げます。

つまり、断熱ブラインドは家全体の温度環境に貢献するが、
気象条件によっては、結露する窓が出てくる。

という結論であります。

当初は私も「これは一大事」とびっくりしましたが、
一件落着というわけであります。
とはいえ、結露したことには変わりなく、本稿にて
ご報告方々、お詫び申し上げる次第であります。

以上お詫びとご報告まで。

ヒガサ

ちなみに、札幌に高断熱高気密、日本一の高性能住宅
を建てるという棟晶という会社があります。
ここの社長、見た目は私と同じようにあまりよくあり
ませんが、とにかく気前が良くて細かい気遣いのできる
私の尊敬する社長であり、私が師でと仰ぐ方でもあります。

今回の結露騒動、札幌ではどうかと伺ってみると、
「断熱ブラインドをつけると、より性能は上がるけど
同様な現象はおきるよ」
とのことでした。
尚、札幌では断熱ブラインドを付けない場合、
トリプルガラス(ドモシカ標準)であれば、
外気温がマイナス10℃ぐらいでも全然結露
なんてしない。

とのことでした。

高松なら、まずマイナスになることすらめったにない
ので、やはり高松では

「結露しません」

と言えそうです。

それにしてもすごくないですか?
この日の外気温の最低気温はほぼ氷点下に近いもので
あったのに、左側の窓の表面温度は22℃ 
これなら「高松では結露しない」っていっても
良さそうですね。

それでは・・・

それから、これは2/4の検証報告でしたが、
アップするのが遅くなり申し訳ありませんでした。

ヒガサ