もっとドモシカを知る

about DOMOCICA

家づくりコラム

2019.12.17

住宅も「持続可能」な時代!”「サステイナブル」な暮らし”が実現できる高性能住宅

皆さんはモノを購入する時に、どのような
事を意識するでしょうか?

コストや使い勝手を考えれば、丈夫で
長持ちするモノを購入したほうが
長期的で便利に活用することができますね。

それは”住宅”も同じこと。

世界、そして日本経済は景気の上下を
繰り返しながら変化し、それによって
人々の意識も大きく変わってきました。

環境破壊の引き金となる
消費者の大量購入・大量消費の時代は、
”省エネ”という概念によって終焉を迎え、
現在は「できるだけ長く使えるモノ」、
つまり”持続可能”なモノが
重宝される時代となってきています。

近年見聞きすることの多い
「サステイナブル」という言葉は、”持続可能”
という意味を表し、これからの私たちの
生活には欠かせなくなる世界的なトレンドに
なっています。

”サステイナブル”な暮らしを送ることができる
サステイナブルハウスは、「高断熱高気密の
高性能住宅」にほかなりません。



【”サステイナブルな暮らし”は生活をより
快適にする】


「サステイナブルな暮らし」=持続可能な暮らし

これはつまり長く活用でき、健康にも環境にも
やさしく、ムダなコストを削減することができる、
そんな暮らしです。

2019年の博報堂による
「生活者のサステナブル(持続可能)
購買行動調査」では、購買者どんな
意識を持って物品を購入するか
についてアンケートを行いました。

その結果として

◎長く使えるものを買う・・・91.9%
◎まだ使えるものは修理して使う・・・77.4%
◎必要最小限の量だけ買う・・・73%
◎資源を無駄遣いしないように気をつけて使う
・・・72.6%


このような意識を持ってモノを購入する人が
多いことが分かりました。

トップに挙がっている、「長く使えるものを買う」
これはまさにサステイナブルな暮らしを意識した
選択であると言えます。

物をあまり持たない”ミニマリスト”が増加
していることも、同じ意識が要因となって
いると考えられます。

つまり現在、日本人の購買意識は
「サステイナブルな暮らし」にフォーカスが
集中しているのです。



【”サステイナブル”に傾く世界の動向】

日本人の購買意識が以前に比べて大きく
変化しているのが伺えますが、これは世界の
動向ともリンクしています。

国連では2015年にSDGs(エス・ディー・ジ-ズ)と
呼ばれる”持続可能な開発目標”が
参加国全会一致で採択されました。

1970年代から続く資源の枯渇や環境問題
に対して、エコロジーで持続可能な開発目標
を設定し、2030年までに各分野で達成すべき
17の目標を掲げています。

この目標の中に、

・都市と人間の居住地を包摂的、安全、
レジリエントかつ持続可能にする

・持続可能な消費と生産のパターンを確保する

という項目があります。

これらは、私たちの居住環境や住宅に関わる
項目であり、、私たちが生活を営む住宅も
サステイナブルであることが、まさにこれからの
”あるべき姿”と言えます。

【「サステイナブル」結局何がいいの?】

サステイナブルを意識した生活は、結局の
ところ”何が良い”のでしょうか?

”長く使えるモノ”を活用して生きることは、
ストレスが少なくムダのない”シンプルな生活
の実現”へと繋がります。

結果的に経済面での無駄を省くことが
できますし、地球環境にも優しく、
なおかつ資源の無駄遣いを抑えて、居住
環境の快適性を保つことが可能になります。

必要以上にエネルギーを消費する住宅で
”サステイナブルな暮らし”を実現するなら、
やはり高断熱高気密の高性能住宅
が唯一の選択肢となります。



【高性能住宅は”サステイナブルハウス”】

海外先進国でもサステイナブルハウスとして
名高い高性能住宅は、耐久性に優れた
”持続可能な住宅”です。

その特徴は、太陽熱・太陽光の自然な
エネルギーを活用することができるパッシブデザイン、
そして住宅の高い断熱性と気密性にあります。

高性能住宅であるZEH住宅は、これらの特徴
によって省エネ性能を発揮し、光熱費の削減
が可能になります。

住宅内は季節に限らず、人間が心地よいと
感じる室温・湿度を一定に保つことができるため
温熱環境によるストレスもなく、病気のリスクも
大幅に減少します。

そんな暖かい住宅では、夏冬の冷暖房器具や
分厚い衣類、分厚い布団が必要なくなるため、
家のモノが減り、さらにシンプルな生活を実現
できます。

そして約60年、またはそれ以上住み続けられる
耐久性をもち、それは建築に使われる木材と同じ
サイクルとなっています。

自然のサイクルにフィットした高性能住宅は、
サステイナブルな生活可能にする
”サステイナブルハウス”です。



【高性能住宅で”サステイナブル”を意識した
生活を送ろう!】


普段の忙しい生活の中では、地球温暖化や
自然環境などについてはあまり意識しない
人が多いでしょう。

しかし、夏や冬に気候が変化したと感じる
ことはあるかもしれません。

これまでは個人レベルであまり注目される
ことがなかったサステイナブルという概念
ですが、ここ最近はかなり一般的に
なってきてます。

サステイナブルな暮らしを送るということは
地球環境を守ることに繋がり、
それはまた私たちの生活におけるリアルな
コスト面や暮らし易さにも直結している
ことが意識され始めていると言えるでしょう。

高断熱高気密の高性能住宅は、
”サステイナブル住宅”と呼ばれることもあり、
環境に溶け込んだ省エネ性能の高い
住宅です。

私たちの健康改善や光熱費の削減、
耐久性の高さを享受できる高性能住宅こそ、
地球と私たちの明るい未来を形作る
世界レベルの住宅です。

高性能住宅で”サステイナブル”を意識した
生活を送りましょう。