もっとドモシカを知る

about DOMOCICA

家づくりコラム

2019.09.04

”防音・吸音・遮音”はどう違う?「グラスウールの断熱材」で快適生活!

室内温熱環境や住宅の耐久性、
住人の健康や将来の資産価値にまで
メリットの多い高性能住宅。

高性能住宅は、”グラスウール”を使用した
「高断熱・高気密」という大きな特徴

持っています。

この特徴は”騒音”をも防ぐことができるため、
居住快適性に良い影響を与えます。

一方、現在の一般住宅では住宅の
断熱性が低く、気密性も低いため、
騒音を侵入・侵出させます。

そのため、音が気になる場合は
防音対策が別途必要になりますが、
実際にはどの対策も”焼け石に水”です。

音の自在性はそれほどまでに高く、抑制
するのが困難なものなのです。

このような住宅では、騒音問題を考えれば
楽器やピアノの演奏、ホームシアターを
自宅で楽しむというのは夢のまた夢と
なってしまいますね。

苦情の種にもなりやすい”騒音”に関して
よく耳にする「防音・吸音・遮音」の違いと、
高性能住宅で断熱材として使用される
グラスウールが、音に対してどのような
作用があるのかについて知っておきましょう。



近所とのトラブルで取り沙汰されることが
多い”騒音問題”がですが、住宅が
高い断熱性・気密性を保持していれば、
音の侵入や侵出を防ぐことが可能です。

音が持つ性質から、断熱性に乏しく、
気密性がない一般住宅は音が侵入
侵出し放題という環境です。

実態のない「音」は、様々な形で空間に
広がります。音の伝わり方は

・空気伝搬音
・固体伝搬音


の2つに分けられます。

空気伝播音は空気を通して伝わる
音であり、障害物があれば
音は影響を受けて減衰していきます。

固体伝搬音は、個体を通して伝わる
音であり、住宅では壁や床、屋根や躯体など、
音を伝搬する物質が多いことが分かります。

なお、鉄などの金属のように重い物質など、
個体の質量が高ければ高いほど音は
伝わりにくくなります。



これに加えて、音は変化自在に伝わる
性質があり、「透過・吸収・共鳴・回折・
干渉・屈折・反射」といった変化をするため、
防音がいかに難しいかが伺えます。

騒音への対策としてよく耳にする「防音・
遮音・吸音」という言葉ですが、これらは
混同して使用されがちです。

しかしながら、「防音」は音そのものを防ぐ
ことであり、「遮音」や「吸音」はその手段で
あると定義づけることができます。

「遮音」とは、音を遮ることであり、住宅
外部または内部からの音をシャットアウト
することを示します。

「吸音」とは、音を吸収することを示し、
室外または室内で発せられた音を小さく
するために吸音材などに音を吸収させる
ことを示します。

吸音された音エネルギーは吸音材に
伝わり、繊維を振動させます。
これによって音エネルギーは熱エネルギー
に変換されるため、音が減衰し防音
効果を発揮するのです。



高断熱・高気密施工の高性能住宅では、
断熱材として「グラスウール」が採用されます。

このコストパフォーマンスと断熱性に優れた
グラスウールは繊維系の素材です。

繊維系の素材は、音に関しては
「吸音性」に優れた素材になります。

では、”吸音の体感”とは具体的には
どのようなものなのでしょうか?

例えば、引越し前で家具などを入れる前の
何もない空間では、手を叩いたり、声を
出せば反響音が聞こえますね。

これは、吸音する素材が無いために起こる
現象です。この空間に家具や日用品が
満たされることで、それぞれが吸音の役割を
果たし、反響音は聞こえなくなります。

住宅で使用される断熱材の吸音性は
非常に大切な役割を果たし、住宅の
防音性能を左右します。

高性能になればなるほど防音性を
発揮するグラスウールは、快適な
温熱環境を創り出すだけでなく、
音によるストレスを軽減でき、
居住快適性を向上させる特徴を
持っています。



あらゆる形で伝わる「音」ですが、一定の
騒音レベルを超えてくると不快に感じやすく、
近隣住民同士の不満やトラブルの原因
として知られています。

住宅が密集すれば、どうしても気になる
音の問題ですが、変化自在な音の
性質や伝わり方から、抑制するのが
難しいのも音の特徴です。

高性能住宅で使用される断熱材である
繊維系のグラスウールは防音性に
優れており、住宅の外から侵入する
音や、室内から浸出する音を防ぎ、
騒音に関する問題を解決に導きます。

その中でも高性能のグラスウールは、防音性
だけでなくダスト飛散の少なく安全な素材です。

高い断熱性を発揮するグラスウールと、
住宅に隙間がほとんどない気密性が
実現できれば、ホームシアターや楽器演奏
など、近所まわりを気にすること無く
音を楽しむことも可能です。

グラスウールのメリットを反映した高性能住宅で
音が気にならない快適な生活を送りましょう。