もっとドモシカを知る

about DOMOCICA

家づくりコラム

2022.06.01

住宅選びは”見えない要素”こそ大切。「新築住宅」取得で確認するポイントをおさらい

生涯に一度の買い物として、一生のうちの
大きなターニングポイントにもなる
「新築住宅」の購入。

住宅は多額の費用をかけて購入する
”物”ですから、やはり住宅の立地や
デザイン、間取りや暮らしの勝手などは、
他にお金を掛けて購入する”物”と
同様、重要視するポイント
です。

しかし近年ではより暖かく快適な
「省エネ住宅」の登場によって、従来の
住宅における快適性や室内温熱環境の
悪さが際立つようになってきました。

購入後も長年暮らし続ける家ですから、
暮らしやすさや快適さを左右する
”目に見えない要素”は、住宅での暮らしに
おいては考えている以上に大切
になって
きます。

しかしながら、暮らし始めてからでしか
分からないことや目に見えない要素は、
事前に把握しておくのが難しいとも言えます。

この記事では、住宅での暮らしにおける
”見えない要素”をテーマに、新築住宅
購入に役立てられる知識をご紹介して
いきます。

(関連記事):一生に一度の”本物”を選びたい。
住宅の中の本物は「高性能住宅」




【室内の熱と温熱環境・日射と通風】

肌で感じる住宅内部の暑さ・寒さは、
目には見えない要素のひとつです。

新生活が室内の暑さや寒さで台無しに
なってしまうのを避けるには、
住宅の断熱性・気密性などの住宅性能を
確かにしておくことが対策
です。

また住宅内は強力な太陽の熱や風通しに
よっても快適さが大きく左右されます。

土地の特徴に合わせたパッシブデザイン、
日射取得と日射遮蔽、そして住宅性能を
まずは確認
しましょう。

(関連記事):Ua値とQ値で確認!”断熱性”は
結局どれくらいが適切?


(関連記事):”C値”で確認!住宅の「気密性」は
どれくらいが適切?


(関連記事):高断熱高気密で”無暖房住宅”
を実現できる!暖房をほとんど使わない「パッシブハウス」


【ランニングコスト・住宅資産価値】

新築住宅の購入時点で目に見えない要素
として気に掛けるべきランニングコスト

月日が流れるごとに膨れ上がる毎月の光熱費、
加えてそれ以外のメンテナンス費用等の
ランニングコストも考慮しておきたいところです。

高い冷暖房効率、住宅の高い耐久性に
よるランニングコスト削減、そして将来の
住宅資産価値を占うのはやはり住宅性能

住宅購入におけるコスト面は、見えない
ランニングコストを含むトータルコストで
考えましょう。


(関連記事):本当に”経済的”な住宅
購入とは。「トータルコスト」で考えたい新築住宅


(関連記事):新築住宅は”サステイナブル”が
良い!将来の「資産価値」が高い住宅とは?




【室内に入る騒音・室内から出る騒音】

目に見えない住宅に入る騒音、出る騒音。

隣家の生活音や近隣の道路からの騒音が
心地よいと感じる人は少ないでしょう。

コロナ禍で在宅時間が長くなる現在ですが、
近隣との騒音トラブルを避けるという意味
においても、防音は暮らしの快適性を左右する
大きな要素
です。

住宅性能が優れている住宅は防音性が高く、
暮らしにおける騒音の問題を解決できます。

(関連記事):”後悔”して引っ越しを選ぶ
人も!新築マイホームで気を付けたい「騒音問題」


(関連記事):自宅で近所を気にせず
”ピアノ練習”!「防音」もバッチリな高性能住宅


【室内の空気の流れ・換気効率・空調】

新型コロナ感染拡大で注目されるように
なった家の換気効率。

住宅の高い換気効率は、健康的な暮らしや
ウイルス等を遠ざける上でも、近年ますます
求められている住宅の機能
です。

換気効率で大切なのもやはり住宅性能。

また、性能の低い一般住宅では局所的に
室内の冷房・暖房を行う空調ですが、
高い断熱性・気密性で室内の熱を逃がさない
高性能住宅では、エアコン1台の弱運転で
住宅内全体が快適空間
なります。

(関連記事):知識と経験”のあるビルダー
だけが建てられる「超高気密の家」


(関連記事):バランスが難しい”冬の換気”と
”光熱費抑制”。「省エネ住宅」が最良の解決策




【家族との健康的な暮らし・耐震性能】

お金には代えがたい家族の健康と、安全な
暮らし。


現代ではシックハウスや各種アレルギー症状、
冷え性やヒートショックといったこれらの
健康被害が、住宅性能の低さと密接に
関わっている
ことが研究で明らかになっています。

つまり、”住宅における家族との健康的な
暮らし”と”住宅”はイコールの関係に
ある
言っても過言ではありません。

新築住宅は高い住宅性能に加え、いつ
起こるか分からない地震に備えて
耐震等級3(構造計算)の取得を行いましょう。

(関連記事):”家族の不健康”の一因になる
住宅。「高い断熱性能」が体の健康を”改善”する


(関連記事):同じ「耐震等級3」でも強度が違う?
”壁量計算”と”許容応力計算”


【30年後はどうなっている?将来の家族との暮らし】

現代の新築住宅の購入では住宅性能が高まる分、
20年後や30年後といった将来の暮らしを
見据えて選定することが大切
になってきます。

従来の一般住宅は購入時も購入後もエネルギーを
大きく消費してランニングコストが掛かり、
また室内は夏暑く冬寒いままです。

一方、住宅性能が優れる「高性能住宅」なら
購入時も購入後もランニングコストが
抑えられ、将来も快適なままの暮らしを送る
ことが可能
になります。

未来に建築されるであろう高い住宅性能に
合わせて住宅を建築することで、資産価値や
家族の健康が将来にわたって守られます。


住宅の”見えない要素”を事前に把握し、
満足いく新築住宅の購入を行いましょう。

(関連記事):新築住宅は「快適・健康・
長持ち」がいい。”未来を想定した家”を建てる大切さ




【”見えない要素”を把握して建てる「高性能住宅」】

満足いく購入を行いたい新築住宅。

新築住宅の購入では”目に見える要素”だけに
意識が向かいがちです。しかし、暮らしの
健康や快適性、満足度には”目に見えない要素”
大きく関連
しています。

私たち個人の暮らしを支える目に見えない
愛情や感謝、理想や夢、想いと同様に、住宅での
暮らしもまた目に見えない要素によって
支えられています。


家族との健康や快適性、ランニングコストなど
”見えない要素”を把握して、将来も安心の
「高性能住宅」を手に入れましょう。