もっとドモシカを知る

about DOMOCICA

家づくりコラム

2022.05.23

”家の断熱性能”を計るもうひとつの指針。「自然温度差」について解説

専門知識が必要な事も多く、これまで
一般人にとっては不明点が多かったと
言える”家づくり”。

近年では住宅性能が高い「省エネ住宅」
登場もあり、本当に暖かくて快適な
家がどのようなものなのかを知る機会が
多くなっています。

また幸いなことに、家づくりを知らない
家庭であっても、Ua値C値といった
断熱性・気密性を計る数値による目安が
利用できるため、これらを活用しない手は
ありません。


しかし同時に知っておきたいのは、暖かい
家を計画するにあたり、これらの数値は
それぞれが完ぺきではなく、これら数値を
含むさまざまな要素がバランスできる
ことが大切
であるということです。

そして室内温熱環境をはかるための
「自然温度差」は、家の断熱性を知る
ためのもうひとつの指針
になります。

この記事では、家の断熱性を知るための
Ua値に並んで注目される「自然温度差」
について解説していきます。

(関連記事):「住宅省エネ基準」が
閣議決定へ。今のうちに見直す”新築計画”




【家の断熱性能を知るための”Ua値・Q値”】

住宅の断熱性能を知るための値として
現在よく用いられるのは”Ua値”

外皮平均熱還流率を表すUa値ですが、
その他熱損失係数を表すQ値あり、
これらは家の断熱性能を表す数値です。

この両者には、

・「Q値」は熱損失量を
「総床面積」で割る

・「Ua値」は熱損失量を
「総外皮面積」で割る


という相違点があり、この違いにより
住宅の断熱性能をはかるにはUa値が
より信頼性が高い
とされています。

【住宅における「自然温度差」とは?】

一方、家の中の”暖かさ”には、さまざまな
要素が関連してきます。


例えば住宅の断熱性能は室内の熱を外に
逃がさないための要素ですし、日射や
人体、家電が発生させる内部発熱も
ひとつの要素に
なります。

そして”暖かい家”について考えた時、
暖房を使用しない状態でも家の中が
暖かいということが大切
なのが分かります。

これを知るための指針が「自然温度差」
です。



【「自然温度差」の構成要素や計算式】

「自然温度差」とはつまり冷暖房などを
使用せず、何もしない状態で生まれる
屋外と室内の温度差を表す数値
です。

例えば屋外の気温が0℃、室温が5℃の
自然温度差において、健康的な室温18℃に
する場合、室内に13℃を加える必要が
あります。

しかし、もともとの室温が15℃だった
場合は、加える室温はたったの3℃で
済むということになります。

つまり自然温度差が小さければそれだけ
室内は暖かく、使用する熱量は少なくて
済み、家の断熱性能が高い
ことが分かります。

自然温度差を求める計算式は、

自然温度差=
内部発熱+日射熱/(Q値+C値/10)×床面積

となっています。計算では取得する値が
難しいものもあるため、正確な計算を行うに
あたっては専用ソフトを使用する必要が
あります。

計算式では、家電や人体等による内部
発熱と日射による熱量を、熱損失係数や
気密性能、床面積で割ることにより
数値が求められています。



【気密性能・熱損失を良くして日射を取り入れる】

暖かい家の指針になる「自然温度差」
自然温度差を導き出す計算式から、
暖かい家づくりでは以下のようなことが
理解できます。

①室内に取り入れる熱量を大きくする
②熱損失を大幅に減らす


またこれを言い換えるなら、

・十分な日射取得を行える住環境
・住宅性能(断熱・気密)の高い建物
・余分な面積を取らない


ということが、断熱性が高く暖かい家を
建てるための指針
になるでしょう。

なお、室内に取り入れる熱量としては、
内部発熱よりも日射取得による熱量が
圧倒的に大きく
なります。

また冬場の日射取得は、取り入れる
熱量として非常に大きな熱源になりますが、
夏場は室内を熱くしてしまうため、
日射遮蔽をしっかりと行う事は必須
です。

「室内温度差」を、家の断熱性を
計るひとつの目安として知っておきましょう。


(関連記事):”物価上昇”の時流だから
こそ検討したい。安価で手に入る「モデルハウス」




【暖かい家の指針「自然温度差」について知っておこう】

近年は省エネ住宅等の住宅性能が
高い家の登場により、暖かい家が
どのように建てられるのかを知る機会が
増えてきました。

家の断熱性能といえば、政府も指針として
用いるUa値が有名ですが、本当に
暖かい家を建てるにあたっては
この他の要素も知る必要
があります。

「自然温度差」を知ること、またその
計算式を知る事は、本当に暖かい家には
何が必要なのかを知る機会になります。


暖かい家の指針「自然温度差」について
知っておきましょう。