もっとドモシカを知る

about DOMOCICA

家づくりコラム

2022.05.23

”Ua値が低い = 暖かい家”ではない?「本当に暖かい家」の造りかた

政府による省エネ基準適合義務化
流れもあり、今後建築される新築
住宅で大切になってくる住宅性能。


現在新築住宅を検討、または計画中の
家庭であれば、住宅の断熱性能
重視したいと考える人も多いのでは
ないでしょうか。

住宅の断熱性能を知るにあたっては、
多くのハウスメーカーが数値として示す
外皮平均熱貫流率(Ua値)がひとつの
目安であり、政府の基準もこれを
目安としています。

しかしながら「本当に暖かい家」
その他多くの要素が関連する
ため、
”Ua値”だけを暖かい家の目安に
考えるのはある意味見当違いになり
かねません。


夏は涼しく冬は暖かく、そして暮らしの
ランニングコストを抑えられる家は、
決してUa値だけで決まる訳ではないのです。

”Ua値”とは本来何を示す数値なのか、
また「本当に暖かい家の造りかた」
ついて知り、満足いく住宅購入を
行いましょう。

(関連記事):”省エネルギー”で
快適・節約。「住宅の省エネ性」の基本とは?.




【国の基準でも重視される”Ua値”】

新築住宅の取得に際して検討する住宅の
断熱性能。

”断熱等性能等級”の取得は、家における
暮らしやすさや冷暖房効率はもちろん、
建物の将来的な価値にも影響
します。

また平成28年省エネ基準では、日本列島を
8つの地域に区分し、地域ごとに適した
推奨Ua値を示しています。

国の基準でもこれほどまでに重視される
Ua値ですが、数値が低ければ必ず暖かい
家になるかといえば、決してそうでは
ありません。


【「本当に暖かい家」は”Ua値”だけでは決まらない?】

多くの家庭が省エネ性能、また暖かい
家の目安として確認する”Ua値”

確かにUa値が優れているということは、
家の断熱性能が優れているということを
指し示しているのには間違いありません。

しかしながら、私たちが暮らす家を
暖かく快適にする要素は”Ua値”だけに
とどまらず、気密性が高い事、
冬場に日射取得を行う事などさまざまな
要素が関連
してきます。



【窓の面積を減らすだけで”Ua値”は下がる】

そもそもUa値とは、住宅内の壁や屋根、
窓からどれくらいの熱が逃げて行くのかを
外皮面積で平均した数値
です。

つまりUa値低ければ低いほど、住宅が
熱を逃がさないことを示し、断熱性能が
高い家
という事ができます。

このUa値を下げる方法として一番手っ取り
早いのが、もともとの断熱性が低い
”窓”の面積を減らすという方法です。

住宅は窓が小さくなれば、それだけで
Ua値は良い数値になってしまいます。

その他、現場の断熱材の施工状況と
Ua値が必ずしも一致するとは限らず、
現場を確認する必要があります。


【窓の大きさも重要。冬場の”日射取得”の大切さ】

住宅に差す強力な太陽の力は、夏は
遮蔽し、冬は取得し利用するのが
最もエコで暖かい家の条件
です。

また断熱性能が優れた家であっても、
冬場はやはり熱源がなければ暖かい
室内を維持することは難しい
と言えます。

その点、窓の面積が少ない家では
冬場の日射取得が効率的に行えない
可能性が高く、結果的にエアコン等を
使用するため光熱費が掛かってしまいます。


このような例で色々と考えてみると、
”Ua値”だけが決して暖かく省エネな家で
あることを保証するわけではない
ことが
分かります。



【「本当に暖かい家」を手に入れる。”Ua値”の他に知るべきポイント】

とはいえ、本当に省エネで暖かい家の
条件として、Ua値が優れていることは
やはり欠かせない要素のひとつ。

多くのハウスメーカーや工務店では
Ua値を目安に新築住宅を展開して
いますが、”Ua値”のみを確認して
住宅購入を判断してしまわない
ように
したいところです。

「本当に暖かい家」を手に入れるに
あたっては、その他の要素について
確認しておくことが重要です。

まず断熱性能を示すUa値とセットで
考慮すべきなのが住宅の気密性能です。

相当隙間面積(C値)住宅全体の
隙間の大きさを示す数値であり、こちらも
低ければ低いほど住宅が熱を逃がさない
ことに繋がり
ます。

その他、前項の理由から家の方角と太陽が
射す方向、日射の取得と遮蔽に関する
項目も設計段階で確認しておく
必要が
あるでしょう。

また、本当に暖かい家を建てるなら
依頼先ビルダーの豊富な知識や経験、実績も
欠かせない要素
です。

Ua値やその他の要素をしっかり確認した上で、
本当に暖かい家選びを行いましょう。


(関連記事):家庭の電力を”自給自足”。
「オフグリッド」の意味や活用例を解説




【「本当に暖かい家」を手に入れよう】

暖かく快適な家にしたい新築住宅。

日本国内においてもようやく暖かい家の
大切さが知られるようになり、現在
暖かさと省エネ性を兼ね備えた”省エネ住宅”
が建築されています。

暖かい家を取得する上で、Ua値は家の
断熱性能を計る分かりやすい目安
です。

しかし、住宅には日射や気密性をはじめ
いくつもの要素が関わっており、
すべてのバランスが取れることで暖かい
家は実現
します。

Ua値以外の要素も確認し、「本当に暖かい家」
手に入れましょう。