もっとドモシカを知る

about DOMOCICA

家づくりコラム

2022.05.02

”省エネ基準適合義務化”で再確認。「一般的な住宅」と「省エネ住宅」での暮らしの違い

新築住宅をこれから購入する家庭
であれば、住宅が持つ省エネ性
必ず検討すべき材料の一つになって
きます。

住宅の”省エネ基準適合義務化”
閣議決定の段階に突入。努力目標から
適合義務化へと大きな一歩を踏み出し
ました。


”住宅はデザインと間取りが良ければいい”
”家は暮らせればそれでいい”

住宅の省エネ化に伴い、一般住宅に
比べて購入時のイニシャルコストは
高くなりますが、このように従来の考え方で
家を買う事を検討している家庭なら
「なぜ今省エネ住宅なの?」と思うかも
しれません。

「省エネ住宅」は、地球温暖化を
抑制する環境に優しい住宅という
だけでなく、私たちの暮らしを
快適に一変させる家。


つまり自然に優しく、自然を守る住宅は
住人に優しく、住人を守る住宅
です。

これまでの「一般的な住宅」と、これから
建築がより推進される「省エネ住宅」では、
暮らしの中でどのような違いが見られるので
しょうか。

この記事では住宅での日常生活に
フォーカスして、暮らしの中の代表的な
違いをご紹介していきます。

(関連記事):「新築住宅」が値上がり。
それでも妥協すべきではない5つのポイント




【「一般的な住宅」と「省エネ住宅」は”違う家”】

まず最初に知っておきたい点は、
「一般的な住宅」と「省エネ住宅」
”違う家”であることでしょう。

断熱性・気密性が優れた「省エネ住宅」
屋外環境から守られ、室内から熱が逃げず、
なおかつ快適性の高い暮らしを実現します。

ざっくりと言うなら、一般住宅で不快に
感じられる点の多くを解決している家
です。
暮らしの中における具体的な相違点を
見ていきましょう。

【「一般的な住宅」と「省エネ住宅」暮らしの中の相違点とは?】

◎ 隙間風

室内の端々に手を置くと感じられる
隙間風。隙間が多い一般住宅で不快と
感じる点のひとつに、”隙間風”があります。

一般住宅のあらゆる場所から侵入する
隙間風は、暖房をつけていても寒さを
室内に運び、室内に不快な温度差を
生み出します。

また屋外のホコリや花粉、有害物質も
室内に運び込むため、これによる
アレルギー等の影響も出やすくなります。

一方、省エネ住宅は高気密となっており、
隙間風の原因となる隙間を塞ぎ、
不快な隙間風をシャットアウト
します。



◎ 涼しさと暖かさ

夏暑く、冬寒いのは一般住宅ではもはや
当たり前の話。

熱中症にヒートショックと、健康リスクが
高い一般住宅は暑さや寒さを我慢する
場面も多く、エアコン等を使っても
ひとつの部屋しか暖められず、
快適と感じられる時間は短いと言えます。

そんな暑さ・寒さといった不快さですが、
省エネ住宅は高気密高断熱施工により
これを解決。エアコン1台のみで住宅全体が
1年を通して一定の快適な温度に保たれます。


◎ 入る騒音・出る騒音

一般住宅に暮らす家庭なら、環境によって
隣家や近隣道路の騒音が気になるという
場合もあるでしょう。

また家から出て行く生活音に気を配って
暮らしているという家庭もあるのでは
ないでしょうか。

省エネ住宅が持つ高い断熱性・気密性は、
住宅に入る騒音・出る騒音を大きく
抑える役割も果たします。


生活音はおろか、ピアノを演奏すら
可能にする防音性を持つ省エネ住宅なら、
内外の騒音が気にならず、精神的にも
快適な暮らしが可能
です。



◎ 室内の換気

換気と言えば、”一部の空間の煙やにおいを
外に排出する”というイメージを持つ人が
多いのではないでしょうか。

一方、本来の換気とは室内全体の
空気が効率よく入れ替わる事
を指します。

例えば穴の開いたストローと、穴のない
ストローでは気密性が違うため、
穴の開いたストローは上手に使用して
目的を果たすことができません。

これと同じく、隙間が多い一般住宅では
換気が上手に行えず、家の中によどんだ
空気が留まり続けます。

省エネ住宅の効率の良い換気は、
健康的な空気の中での暮らしを実現
します。


◎ ランニングコスト 

一般住宅では夏に冬と、冷暖房によって
負担が大きくなる光熱費。
毎月数万円という請求にうんざりして
しまうという人も少なくないはずです。

一般住宅における断熱性の低さ、気密性の
低さはエネルギー効率の悪さを意味
し、
多くのエネルギーを消費する割には
それほど快適にならないのが事実。

さらに結露を起こしやすい住宅に
なるため、ダニやカビの発生、躯体の
老朽化が進みやすく、メンテナンスに
費用が掛かるだけでなく、将来の
資産価値も期待できません。


高気密高断熱施工の省エネ住宅は、
少ないエネルギー消費で快適な
室内環境を実現
します。

また結露発生も抑制するため、
高い耐久性を持つ住宅になります。

光熱費やメンテナンス費を含め、
住宅のランニングコストを大幅に
抑える事を可能
にします。

(関連記事):値上げラッシュが”家計”を
圧迫。「新築住宅」は早めの決断が吉




【暮らしの中の不快な点を解決し、健康で快適に暮らせる「省エネ住宅」】

多くの相違点がある「一般的な住宅」と
「省エネ住宅」

断熱性・気密性の高い省エネ住宅では、
今までの暮らしと比較して、暮らしの
質が全く違ってきます。


また事実、今まで普及してきた一般住宅の
質が著しく悪かったとも言い換えられます。
「省エネ住宅」は、省エネが進む
世界の先進国で普及している
世界レベルの住まい
です。

暮らしの中の不快な点を解決し、
健康で快適な「省エネ住宅」
暮らしましょう。