もっとドモシカを知る

about DOMOCICA

家づくりコラム

2022.04.18

「太陽光発電」の導入で確認しておきたい”トラブル・失敗事例”

売電制度が開始されて以降、省エネ
への意識も高まる事から普及が進む
「太陽光発電システム」

システム導入の価格も下落傾向にあり、
政府や自治体の補助制度も充実し、
さらに導入のハードルが低くなった
太陽光発電ですが、気を付けたいのが
導入の際のトラブルや失敗です。

住宅の屋根に備え付ける太陽光パネル
ですが、取り付け方が悪く、雨風を受け
止める屋根が破損し、雨漏りが起きて
しまっては大変です。

また、適正価格以上で購入してしまう、
説明された発電量を大きく下回るなどの事態が
起これば損害が出てしまう事は避けられない
でしょう。

その他、太陽光発電の導入にあたり、
どのようなトラブルや失敗があるので
しょうか。

新築住宅で太陽光発電を導入するに
あたっては、トラブルや失敗事例を
確認し、賢く対処しましょう。


(関連記事):”カーボンニュートラル”を
目指して。香川県で推進される脱炭素と「省エネ住宅」




【「太陽光発電」の設置ではトラブルや失敗に注意】

FIT制度が始まって以降、そして現在も
報告されている太陽光発電による
トラブルや失敗。


経済産業省エネルギー庁では、
太陽光発電導入において無用なトラブルを
避けるために注意喚起を行っています。

統計によると2013年は近年で相談件数が
多い年であり、約29万件のシステム
導入に対して5,000件近くの相談
が寄せられて
います。

相談内容の多くを占めるのは契約・解約に
関する事項、販売方法に関する事項で
あり、その他に価格や業者の対応、
品質などの事項
が挙げられています。

(出典):経済産業省エネルギー庁
「太陽光発電に関するトラブルにご注意ください」


【太陽光発電の導入で気を付けたいポイント】

一部には詐欺行為なども横行している
太陽光発電の導入。

太陽光導入件数に比べて相談件数は
ごく少ないものの、自宅へのシステム
導入は慎重に行いたいところ
です。

太陽光発電の導入では依頼先の工事
実績などを確認し、信頼できる業者に
依頼すべき
と言えます。

実際の太陽光発電導入におけるトラブルや
失敗事例を確認し、参考にしましょう。



【「太陽光発電」の設置で起こる”トラブル・失敗事例”】

◎ ずさんな工事による雨漏り

太陽光パネルを屋根の上に施行するに
あたっては、住宅の雨漏りに細心の
注意
を払う必要があります。

雨漏りはパネルを取り付けた直後では
なく、数年後に発覚する事もあり、
気付いたころには住宅の躯体を痛めて
しまっていることも考えられます。

ずさんな工事による雨漏りを防ぐためには、
信頼できる業者に設置を依頼する必要が
あるでしょう。

◎ 光害によるトラブル

太陽光パネルを設置するのは基本的に
南・西・東面になります。

北側への設置は太陽光が上手く拾えない
事に加え、光が反射して隣家を照らす
光害のリスクがあります。

これにより近隣住宅と裁判になった事例も
あるため、施行の際は内容をしっかりと
確認しましょう。

◎ 安価な太陽光パネルで発電量が低い

太陽光発電の説明を受ける際、発電量の
シミュレーションデータも確認を行います。

この際に提示された発電量と、実際の
発電量が違うという事例もあり、これが
トラブルや失敗の元となるケースがあります。



◎ 訪問販売による強引な契約など

太陽光発電の訪問販売では、強引に契約
させられると言ったトラブルも少なくは
ないようです。

また高額な金額を提示される、解約
できないといったケースもあるようです。

心が決まらないうちに契約させられた
という場合には、クーリングオフ制度
利用して契約を解除する等対応しましょう。

◎ 電気料金がそれほど安くならない

毎月の電気料金が安くなる、また売電制度で
大きな利益が出るなど、間違った内容を説明を
されたというケースもあるようです。

特に売電に関しては、収益を保証するような
説明には注意し、実際に自分で発電量と
収益、そして住宅自体の省エネ性も確認
しましょう。


【太陽光発電システム導入で無用なトラブルを避ける】

太陽光発電には数多くのメリットが
あるため、導入を検討している家庭も
多いのではないでしょうか。

システム導入で無用なトラブルや失敗を
避けるにあたっては、やはり信頼の
おける業者に依頼するのが一番
と言えます。

また、新築住宅・既存住宅に限らず住宅
建築を依頼した会社に相談を行うのも
ひとつの信頼できる選択肢です。

訪問販売でも優良な会社はありますが、契約
内容や工事内容、発電量などについて、
不明点を明確にして契約するようにしましょう。

(関連記事):「太陽光発電」における
収支の考え方




【「太陽光発電」は事例を確認してトラブルや失敗を避けよう】

今後も住宅でますます進むと考えられる
太陽光発電システムの導入。

電力の市場価格に左右されずに電気を
使用でき、災害時にも強い太陽光発電
ですが、契約時や設置時のトラブルや失敗
は避けたい所
です。

トラブル等を避けるには、信頼できる
業者に依頼する事
、また自分で太陽光
発電について知る事
不明点が多いまま
契約しないこと
が大切と言えるでしょう。

また、太陽光発電のメリットを最大限に
活かすには、住宅の省エネ性が高い事
大切
です。

新築は高断熱高気密の省エネ住宅を
合わせて検討し、「太陽光発電」のトラブル・
失敗事例を参考に
しましょう。