もっとドモシカを知る

about DOMOCICA

家づくりコラム

2021.03.17

13種類の「用途地域」をチェック。それぞれの特徴とは

施設やサービスへのアクセスなど、
整然として暮らしやすい街づくりに
関する法律となる都市計画法。

都市計画法では、「用途地域」と呼ばれる
土地の用途に関するルールを
定めています。


用途地域の設定は全部で13種類あり、
それぞれ住居系・商業系・工業系と
建築が可能な建物を制限しています。


新築住宅の建築では、各用途地域が
自宅の環境を決めるだけでなく、
容積率や建蔽率についても
ルールを定めているため、
住宅の完成に影響してきます。


つまりこれらルールによって、
用途地域次第では思い通りの
環境や広さの住宅が建てられない
ということも起こり得ます。

事前にそれぞれの地域にどのような
ルールが敷かれているかを確認
しておくことが大切であると
言えるでしょう。


13種類の「用途地域」について確認し、
各種類の土地の制限についても
把握しておきましょ。

(関連記事):新築マイホームの
”広さ”はどれくらい?必要な
「床面積」を知るための基準とは





【「用途地域」13種類の趣旨】

[ ◎ 住居系 ]

〇1.第1種低層住居専用地域

良好な居住環境確保のため、
低層の住宅建築が優先される
地域になります。


商業施設や店舗、高さのある建物は
建築できず、その高さ制限は約10m
程度です。

住居以外には学校や老人ホーム、
図書館などが建築可能です。

〇2.第2種低層住居専用地域

住居以外に小規模な店舗等の
建築が許可されています。
高さ制限、そして150㎡以下の
店舗等を建築できます。


〇3.第1種中高層住居専用地域

良好な住環境確保のため、
住宅や中高層のマンションなどの
建築が許可されている地域。


その他大学や病院、500㎡以下の
飲食店や店舗が建てられ、
容積率の制限に応じ、中高層
の建物が建築できます。



〇4.第2種中高層住居専用地域

必要な施設の建築が認められる
この地域では、2階建て以下、
1500㎡以下の店舗やオフィスが
建てられます。


また、容積率の範囲内で
高さのある建物を建てることが
可能になります。

〇5.第1種住居地域

大規模店舗や商業ビル等の
建築を制限し、住宅を建築する
ための地域。


3000㎡以下の商業施設、
オフィスやゴルフ場、ホテル
などの建築が可能。

〇6.第2種住居地域

商業施設やオフィス、店舗と
住宅、これらのバランスを取り、
住環境を守るための地域。


カラオケボックス、パチンコ屋
などの遊技場の建築が可能。

〇7.準住居地域

地域の特性を生かすために
幹線道路等の利便性を重視しつつ、
住宅と施設が調和した
バランスを保つための地域。


車庫や自動車修理工場、
200㎡以下の劇場や映画館等の
建築が可能。



〇8.田園住居地域

農業を行う上での利便性を重視
しつつ、低層住宅との調和と
環境保護を図るための地域。


農業推進のための500㎡以下の
店舗等、また150㎡以下の
飲食店や商業施設が建築可能。

[ ◎ 商業系 ]

〇1.近隣商業地域

住宅地のための店舗やオフィスの
建築が可能な地域。


〇2.商業地域

商業の利便性を図るための地域

[ ◎ 工業系 ]

○1.準工業地域

環境を害する恐れがなく、住宅と
混在することを排除することが
難しい、または適当でないと
判断される工業系施設の建築が
可能な地域。


○2.工業地域

主に工業に関する利便性を重視
するための地域。また、一般住宅の
建築も可能な地域。


○3.工業専用地域

工業の業務遂行の利便性を図る
ための地域。一般住宅の建築は
不可。


(関連記事):新築マイホームで
受けておきたい”住宅性能評価”!
「住宅性能表示制度」の内容やメリットをチェック





【事前に「用途地域」の制限を知っておこう】

新築住宅を建てる上で重要に
なってくる周辺環境、そして
用途地域による制限。

用途地域に照らし合わせると、
現在暮らしている場所や
近隣の都市計画が見えてきます。


住宅を建てる前の、土地を購入
する段階では、街の用途地域の
設定や建ぺい率、容積率の制限
について確認し、その特徴について
知っておくことが非常に大切と言えます。


現在の街の状況はもちろんのこと、
今後建築される可能性がある
施設なども加味し、新築住宅を
建てるにふさわしい場所を選び
たいところです。

事前に「用途地域」の制限について
知っておきましょう。