もっとドモシカを知る

about DOMOCICA

NEW!! ドモシカハウスをサクッと知る!

2021.02.15

「ドモシカハウス」の”光熱費”はなぜ安い?どれくらい安くなるかもチェック

住宅に長く住めば済むほど
掛かり続けるのが”光熱費”です。

エネルギーに掛かるコストが上がり
続けている現代では、夏の季節、
そして冬の季節ともに光熱費の
請求が高すぎると感じる家庭も
少なくはないでしょう。


数万円単位で支払い続ける
光熱費を安くできれば、生活にも

余裕が生まれます。

ドモシカハウスは高断熱高気密、
そして設計段階での工夫などにより
光熱費を大幅に削減できる住宅です。


なぜ安くなるのか、そしてどれくらい
安くできるのかについて見ていきましょう。

(関連記事):生涯費用は大丈夫?
注文住宅購入で知っておきたい
「ライフサイクルコスト」とは? 




【「ドモシカハウス」なら”ランニングコスト”の
削減が可能に】


新築住宅の購入で目が行きがちな
建築費を含めた総額を表す
”イニシャルコスト”。


しかし、住宅建築後に住宅に住み、
掛かり続ける”ランニングコスト”は、
イニシャルコストを上回る膨大な
金額になっていきます。


ランニングコストには、住宅を維持
するのに必要な修繕費用や
メンテナンス費用、熱源などに掛かる
光熱費が含まれていますが、
住宅を健康に長持ちさせるための
メンテナンスや修繕は削ることが
難しい費用です。


しかしながら、省エネ設計の
「ドモシカハウス」なら、住宅が持つ
”5大要素”によって光熱費を
削減することが可能です。

(関連記事):今後、エネルギーは
”高くなる”?「省エネ住宅」で将来の
光熱費リスクに備える


(関連記事):”光熱費”が圧倒的に
安くなる!?今までの常識を覆す
「省エネ住宅」




【光熱費が安くなる5大要素】

要素①: 断熱工法

ドモシカハウスでは基礎断熱工法、
そして吹込み式断熱工法を採用。
壁内の隅々まで断熱材を施工し、
Ua値=0.36を実現しています。

※この基準は、本住宅の標準プランに
基づいています。

(関連記事):”高断熱素材”に
こだわるドモシカハウスの
「圧送式充填断熱工法」


(関連記事):足元から暖かく!
ドモシカハウスの「基礎断熱工法」


要素②: 樹脂トリプルサッシ

光熱費を圧迫する冷暖房効率の
悪さは、住宅で最も熱が逃げやすい
窓の性能が大きく影響します。

ドモシカハウスの窓は樹脂製の
トリプルサッシ。ガラス間には
クリプトンガス・アルゴンガスが
封入されており、熱損失を防ぎます。

(関連記事):ドモシカハウス標準装備
「トリプルガラス樹脂サッシ」がスゴい!


要素③: 気密性能

穴の空いたダウンジャケットが
寒い事と同じく、住宅にも高い
気密性は必須。

ドモシカハウスのC値=0.5以下という
高い気密性は、熱損失を防ぎ、
内部結露の予防。換気の確実性も
高めます。

※直近5棟の実測結果平均値0.13
(2019~2020年6月現在)


(関連記事):省エネ住宅の性能を示す!
C値について分かりやすく解説


要素④: 熱交換換気・全館空調

ドモシカハウスの熱交換換気では
87%という高い熱交換率により、
室内の暖かさを守ります。


また、エアコン一台による全館空調で
住宅内全体の室温の維持が可能になり、
24時間換気で洗浄された空気の中で
熱を逃さず快適に暮らすことが可能です。

(関連記事):贅沢な空気の中で
暮らせるドモシカハウスは
”外気洗浄機✕熱交換換気システム”


要素⑤: パッシブデザイン

新築住宅が建つ地域の気候や
自然環境を考慮するパッシブデザイン。

ドモシカハウスではパッシブデザインの
採用により、日射取得・遮蔽や
採光、風通しなどが計算され、
室内を快適性、そして冷暖房効率が
緻密に考慮されています。

(関連記事):高断熱高気密で
”無暖房住宅”を実現できる!
暖房をほとんど使わない「パッシブハウス」


【「ドモシカハウス」光熱費の試算】

ドモシカハウスはこれらの要素を
採用することで、一般住宅と比較し、
以下のように光熱費が安く上がります。

[一般住宅]
月額平均 22,479円
年平均   269,748円

[ドモシカハウス]
月額平均 12,573円
年平均   150,512円

[差額]
月額平均 9,936円
年平均   119,236円


※建もの燃費ナビにより算出
(建設地・気象データ/香川県(高松)、
建物条件/30坪の2階建て住宅、
C値/ドモシカハウスは0.3、
次世代省エネ基準は5.0で設定、
入居者/2.5人、室温・湿度調整/全
室、夏27℃冬20℃を維持し、湿度を
絶対湿度13g/Kg以下にコントロールする
という条件で計算。これは人間が
快適と感じる温度湿度を指している。)



【将来費用が安くなる「ドモシカハウス」】

一戸建て住宅で毎月掛かり
続ける光熱費は、20年、30年という
単位でみれば、かなり高額な金額

になります。


エネルギー価格の高騰、そして
現在課題となっているクリーンな
エネルギーの活用という観点から、
ドモシカハウスには住宅の
ランニングコストが大幅に削減できる
施工がなされています。

「ドモシカハウス」で”将来費用”を
安く上げましょう。