もっとドモシカを知る

about DOMOCICA

NEW!! ドモシカハウスをサクッと知る!

2021.02.14

自然と調和した暮らし。ドモシカハウスは「パッシブデザイン」を採用!

新築の一戸建て住宅を建築
するにあたり、気になるポイントの
ひとつとして挙げられる”日当たり”。

もちろん太陽が当たらない家は
ジメジメして寒く、また太陽が当たり
すぎても熱くなり過ぎてしまい、
どちらにしても結果的に光熱費が
かさんでしまいます。


このような状況は、住宅が
自然の力を上手く活用できて
いないということにほかなりません。

自然の安全な力を利用し、調和した
暮らしを実現できるドモシカハウスでは、
住宅周辺の自然環境を最大限に
活用する
「パッシブデザイン」を採用。

このパッシブデザインにより、住宅に
差し込む日射のコントロール、
風通しや断熱性が全て計算し
尽くされており、自然の力が
1年を通して暮らしを快適にします。


(関連記事):世界水準の新築戸建て!
自然の力を利用した「パッシブハウス」の魅力




【自然と人にやさしい「パッシブデザイン」】

地域や土地それぞれによって違う
自然環境は、わたしたちの住宅での
暮らしに大きく影響します。


環境に合わせて住宅を建てることは、
至ってシンプルな考え方と言えるでしょう。

パッシブデザインとは、住宅周辺の
自然環境を考慮し、住宅を設える
デザイン技法です。


ドモシカハウスでは、自然のエネルギーを
活用するパッシブデザインにより、
住宅に掛かる光熱費を削減。


クリーンで安全なエネルギーを
生活に取り入れ、健康な暮らしを
実現します。

(関連記事):パッシブハウスで
太陽光の力を取り込む!
高気密な無暖房住宅とは?


(関連記事):夏の住宅を快適にする
”自然な住宅”!最高峰の高性能
「パッシブハウス」に必要な要素




【「パッシブデザイン」5つのポイント】

ポイント①: 日射取得

南側の開口部は、太陽光を取り入れる
のに最適のポイント。日射を取得する
ことで、自然な暖かさを住宅に取り込みます。

(関連記事):”冬の室内が温まる”
だけじゃない!健康にも好影響な「日射取得」


ポイント②: 日射遮蔽

気温が高い夏に合わせ、不要な太陽の
熱エネルギーを遮るための庇を設置。

太陽の角度に合わせて日射遮蔽を
行うことで、必要な熱エネルギーのみを
住宅内に取り入れます。

(関連記事):夏場の気になる光熱費・・・
”日射遮蔽”と”全館空調”で節約できる?


ポイント③: 太陽光の利用

照明器具で使用し続ける電気エネルギーは、
通年で計算すると決して安いとは言えません。
太陽光を利用することで、日中の室内の
人工照明利用を減らします。

(関連記事):自然の光や熱を利用!
「パッシブデザインの家」は開放感と
省エネ性能に優れた住宅


ポイント④: 高断熱高気密施工

日中に取り入れた太陽熱を外に
逃さない高断熱高気密施工によって、
室内の暖かさが夜、そして翌朝まで
続き、無暖房な暮らしが実現可能に。

(関連記事):後悔しない家は”温かい”。
室内温度のムラで見分ける「断熱性・気密性」


ポイント⑤: 自然風の活用

季節ごとに変化する風の流れを
計算し、室内に自然な風を取り入れます。
これにより、除湿・加湿や空調に
頼り切らない生活を送ることが出来ます。

(関連記事):高気密より”風通しの
いい住宅”?住宅に関する「気密性」
の誤解




【「パッシブデザイン」で豊かなエネルギーと暮らす】

”サステイナブル””省エネルギー”
という言葉がひとつのキーワードと
なっている現代の暮らし。

自然との調和が考慮されない
住宅はやはりコストが掛かるだけでなく、
居住快適性も損なわれます。


ドモシカハウスはパッシブデザインの
採用により、消費エネルギーを抑えた
より快適な生活を可能にします。


自然に優しい住宅は、住人にも
優しい住宅になります。
ドモシカハウスの「パッシブデザイン」
モデルハウスで体感しましょう。